忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2018/08/20 08:57 | ]
予測射撃
CHE発売前は、カウンタの精度向上など予測射撃に有利な変更点があったため、多くの期待が寄せられていました。



いまはどうだろう。

予測射撃をまだ作っている途中なのか、有効なギミックではなくなったのか。
あるいは作ろうというオーナーがそもそも少ないのか。

あまり話題にはされていないというのが現状です。



ですが……
なにかこう、遠雷を聞くにも似た、いやな予感がひしひしとするのですよ。



こう考えてみましょう。
仮に、エクサで有効な予測射撃が実用化されたと、そう考えてみましょう。


カルポのときは、150mm対徹(誤字にあらず)装甲の装備が可能でしたので、予測射撃に耐えながら接近戦に持ち込む強襲機という選択もできました。

しかし、エクサでは無理です。
有効な予測射撃が、本当に実用化された場合、カルポのとき以上の脅威になることは避けられないのです。

カルポのときでさえ、ジャンプするときは死を賭していたのですから、これ以上となると魂まで奪われかねません。



念のため言っておきますが、拙作のアラクネーぐらいはCHP時代の予測射撃機なら簡単に倒せると思います。
でも、それとは違うのです。



あまりに恐ろしいので、自分で作っちゃおっかなーとか。
成功しても失敗しても朗報なのですよ、これは。

拍手[0回]

PR


[ 2010/11/23 06:46 | Comments(2) | 未選択 ]
1. posted by yoshi  2010/11/23 12:11
こんにちは
こちらも似たような事を思っていました。予測が実現してしまったら計算ゲーになっちゃうんじゃないかとの懸念がエクサ発売前~直後に強くありました

更に発売後、150対徹、120対徹を積める機体が限られている上、積める機体の機動力・脅威が落ちている(急速前進と格闘が弱い)ので予測できれば強いんじゃないかと思ってアラクネを作り始めたわけなのですが、ガンサイトの動きとかカノンリロードの問題、後は徹甲弾バグなどで手付かずといった所です
2. posted by ライ  2010/11/23 21:38
yoshiさんこんにちわ。
やはりまだ手付かずですか。

予測を組める人はこのゲームに慣れている人だと思うので、まずそれ以前の理解を得るほうに気が行っちゃうんでしょうね。
しばらくは地機雷戦や弾幕戦が続きそうな気がします。

コメントを投稿する






<< 予測射撃開発1  |  ホーム  |  無題 >>