忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[ 2019/12/10 04:00 | ]
■小CPU大会 発掘の冬
夏に言っても本気だと思われないので今言う
冬のほうが好きだ。



さきほど小CPU大会エントリ機をアップロードしました。
メインPCがHDDエラーで起ち上がらないため、SATLOKEのIDが分からず。
仕方なくユーザ登録からやり直しました。



使用機体はゲイザー。
通称一輪車。別名ビホルダー。機体名はブリュンヒルト。
ほとんど初めてのようなものですが、重装機には中距離戦を、軽量機には近距離戦を、というタイプなのかな。
主射が二つあることもあり、相手の搦め手から攻める”柔”の機体だという印象です。
小CPUには向いてないのかな。



ハード構成:
  150mm耐徹 妨冷冷
  プラズマビーム、F12ショット、フォレストファイア



安定度が低くシールドに意味を見出せなかったので砲弾は気合でガードすることにしました。
パルスの効果が見込めない以上熱攻め機体になることは疑いないのですが、相手の出方を待つのは得策ではなさそうだということで冷却2枚の機動強襲型に。
積載、燃料、熱キャパにはけっこう余裕がありますね。



苦労したのはビームとショットの使い分け。
最初は敵のタイプ別に分岐させようとしていたのですが上手くまとまらず。
飛行には狙撃ショット、車両には狙撃ビーム、ジャンプ機には乱射ショット……
とてもそんなチップの余裕はないですよと。
動体狙撃用のビームと、定点射撃用のショット、と割り切ることにして
結局のところ分岐判断は1チップで済んでしまいました。



夜勤明けで一から作ったので寝ぼけミスがありそう。
さすがに眠いですおやすみなさ

拍手[0回]

PR

[ 2011/01/30 23:24 | Comments(3) | 大会 ]
新年
あけましておめでとうございます。
今年も何卒何卒。

正月休みは9時間でした。
これがいわゆる寝正月というやつナンダロウカ



簡単に年越し大会に出した機体を紹介しておきます。

チーム:ガントレット(バジリスクx3)
構成:150mm耐徹 冷冷盾盾 弱カノンMT



機能の単純化で、よりハードウェアよりの調整になってます。
対車両予測もなくなってます、というか対車両ルーチンがなくなってます。
そんな作りかけの機体ですがいちおう脚付きと飛行にはそこそこ期待しています。
ではまた。

拍手[0回]


[ 2011/01/01 08:14 | Comments(0) | 大会 ]
バジリスクあれこれ



『トム・クランシーの戦闘航空団解剖』(原題「FIGHTER WING」)という本を拾い読みした(文字通り床に転がっていた)のですが、なかなか面白い記述がありました。

空軍初級講座、アフターバーナーの解説で、エンジンの推力と燃料消費の関係について述べている部分です。


フルアフターバーナーを使用すると
「エンジンの最終推力は50%増加する」
「およそ3倍から4倍の燃料を消費する」



どこかで聞いたふうな数値ですね。
CHEではまさに、アフターバーナー使用時のジェット戦闘機と似た出力/消費関係になっているようです。

とはいえ、過積載による消費急増を「もっともなことだ」と思わせるような記述までは見当たりませんでしたが…。



さてコスト戦ですが。

拍手[0回]


[ 2010/12/22 20:52 | Comments(0) | 大会 ]
いきなり小CPU大会参加

まずは、第一回叩き台はみだし大会、お疲れ様でした。
せっかくの初回大会を逃して泣き寝入りするところでした。感謝です。

結果は6位とまず満足なもの。
最後の最後で後退してこの位置なのでちょっとだけ悔しい。
次に決勝に上がるようなことがあれば勝ち越したいところ。



次の大会ということで、小型CPU限定戦が……もう締め切られていますが。
無事参加できました。


事前にレーティングに上げておいたバジリスクを改良。
もともと36チップなのでちょうどいい塩梅に。

改良と言い切りたいがために、こんな時間までレーティング回してました。ちょっとやばいんだけど。
ようやく改良前の機体のレーティングを越えたので、このあたりで。


そろそろ脚付きを作ってダメ古参っぷりを披露するときだろうか。

拍手[0回]


[ 2010/11/15 04:55 | Comments(0) | 大会 ]



 |  ホーム  |